株式会社テクニカ
Kカー(軽自動車)を専門にチューニングするK-CARショップ テクニカです。

HOME お問合わせ お買い物カゴ

製品情報

シャトルGTSサスキット
減衰力、車高、キャンバー角調整可能
減衰力調整レンチで容易に減衰力調整が可能
ボトムブラケット採用でキャンバー角も調整可能
フルタップ式倒立ショック採用でセットUP時
ブラケットでの車高の調整が容易
また車高調整範囲も大きくなっています
キャンバー角の調整が可能
楕円加工により大きくキャンバー角の調整が可能
キャンバー角の調整が可能
4ポジションのキャンバー角へセットが可能
アルミ調整式ピロアッパー
アルミ調整式ピロアッパーを採用
キャンバー調整に加え、キャスター調整も可能

シャトルGTSサスキット[リア調整]

価格:160,000円(税別)
バネレート
セット
対応車種
メーカー 車種名 型式/備考など
スズキ アルト
アルトワークス
HA22S、HA12S/FF、4WD対応
HA23S、HA23V、HA12V/FF、4WD対応
HA21S、HB21S、HA11S、HB11S/FF、4WD対応
C#系/FF、4WD
ワゴンR MC11S、MC12S、MC21S、MC22S/1〜4型/FF、4WD
CT21S、CV21S、CT51S、CV51S(C#系全車)/FF、4WD
ラパン HE22S/FF、4WD
kei HN21S、HN11S、HN12S、HN22S/FF、4WD
TWIN EC22S/全車
マツダ キャロル HB23S、HB12S/FF、4WD
AZワゴン MD21S、MD11S、MD12S、MD22S/1〜4型/FF、4WD
CY21S、CY51S/FF、4WD
ラピュタ HP21S、HP11S、HP12S、HP22S/FF、4WD

下記車種はボトムブラケットのキャンバー調整機構がありません
kei(HN21S、HN11S、HN12S、HN22Sの5型〜11型)
ラピュタ(HP21S、HP11S、HP12S、HP22Sの5型〜11型)
旧規格車はピロアッパーマウントにキャスター調整機構がありません

詳細

GTSサスKITがNEWモデルとしてバージョンUPしました
高圧ガス封入式モノチューブショックアブソーバーに減衰力12段調整機構を組み込み幅広いセイッティングに対応、激しい使用にもエアレーションやキャビテーションの発生を抑制します剛性・放熱性を大幅にアップ、ダンパー、スプリング、アッパーマウントまでをアッセンブリ化、専用のダストブーツで振動面をカバーし、耐久性を向上しています
定評のあるモノチューブタイプのRamショックアブソーバーはさらなるドライバビリティアップに設計、ストリート重視、性能UPを実現しました
ショックケース部、ピストンロッド部への窒素処理表面処理を施工し、ショック表面の錆び防止、キズを防ぐ効果も有ります
ブラケット部にキャンバー調整機構を採用
これにより大きくキャンバー角を付けることが可能です
またアルミ調整式アッパーマウント部とあわせて調整することより、細やかなキャンバー調整が可能となります

フロント:
一体型Ramショックアブソーバー
アルミ調整式ピロアッパーマウント付(キャンバー調整、キャスター調整可能)
フルタップ倒立式
減衰力12段調整式
減衰力:2700/1200〜1200/420n
スプリング ID63 自由長200
バネレートは3.5kg、5kg、8kgの3種類から選択が可能です
上記以外のレートも可能です、ご希望の場合はお問い合わせ下さい

ダウン量:ノーマル比最大約80mmダウン
車高調整用レンチ、減衰力調整レンチ付
(車高調レンチはデザインが変わる場合があります)

リア:
ショートストローク
車高調整式アジャスターキット付き
減衰力14段調整式
減衰力:1145/354〜345/225n
バネレート:4.5kg
ダウン量:ノーマル比約約30mm〜60mmダウン


シャトルGTSサスキット
減衰力、車高、キャンバー角調整可能
減衰力調整レンチで容易に減衰力調整が可能
ボトムブラケット採用でキャンバー角も調整可能
フルタップ式倒立ショック採用でセットUP時
ブラケットでの車高の調整が容易
また車高調整範囲も大きくなっています
キャンバー角の調整が可能
楕円加工により大きくキャンバー角の調整が可能
キャンバー角の調整が可能
4ポジションのキャンバー角へセットが可能
アルミ調整式ピロアッパー
アルミ調整式ピロアッパーマウントを採用
キャンバー調整に加え、キャスター調整も可能

シャトルGTSサスキット[リア調整]

価格:160,000円(税別)
バネレート
セット
対応車種
メーカー 車種名 型式/備考など
スズキ アルト
アルトワークス
HA24S/FF、4WD対応
ワゴンR MH21S、MH22S/FF、4WD
MC11S、MC12S、MC21S、MC22S/5、6型/FF、4WD
ラパン HE21S/FF、4WD
MRワゴン MF22S/FF、4WD
MF21S/FF、4WD
セルボ HG21S/FF、4WD
パレット MK21S/FF、4WD
マツダ キャロル HB24S/FF、4WD対応
AZワゴン MJ21S、MJ22S/FF、4WD対応
MD21S、MD11S、MD12S、MD22S/5、6型/FF、4WD
スピアーノ HF21S/FF、4WD
ニッサン ピノ HC24S/FF、4WD
モコ MG22S/FF、4WD
MG21S/FF、4WD
ルークス ML21S/FF、4WD

下記車種はボトムブラケットのキャンバー調整機構がありません
アルト(HA24S)、ワゴンR(MH21S、MH22S)、MRワゴン(MF21S、MF22S)、セルボ(HG21S)、パレット(MK21S)
キャロル(HB24S)、AZワゴン(MJ21S、MJ22S)
ピノ(HC24S)、モコ(MG21S、MG22S)、ルークス(ML21S)
旧規格車はピロアッパーマウントにキャスター調整機構がありません

詳細

GTSサスKITがNEWモデルとしてバージョンUPしました
高圧ガス封入式モノチューブショックアブソーバーに減衰力12段調整機構を組み込み幅広いセイッティングに対応、激しい使用にもエアレーションやキャビテーションの発生を抑制します剛性・放熱性を大幅にアップ、ダンパー、スプリング、アッパーマウントまでをアッセンブリ化、専用のダストブーツで振動面をカバーし、耐久性を向上しています
定評のあるモノチューブタイプのRamショックアブソーバーはさらなるドライバビリティアップに設計、ストリート重視、性能UPを実現しました
ショックケース部、ピストンロッド部への窒素処理表面処理を施工し、ショック表面の錆び防止、キズを防ぐ効果も有ります
ブラケット部にキャンバー調整機構を採用
これにより大きくキャンバー角を付けることが可能です
またアルミ調整式アッパーマウント部とあわせて調整することより、細やかなキャンバー調整が可能となります

フロント:
一体型Ramショックアブソーバー
アルミ調整式ピロアッパーマウント付(キャンバー調整、キャスター調整可能)
フルタップ倒立式
減衰力12段調整式
減衰力:2700/1200〜1200/420n
スプリング ID63 自由長200
バネレートは3.5kg、5kg、8kgの3種類から選択が可能です
上記以外のレートも可能です、ご希望の場合はお問い合わせ下さい

ダウン量:ノーマル比最大約80mmダウン
車高調整用レンチ、減衰力調整レンチ付

リア:
ショートストローク
車高調整式アジャスターキット付き
減衰力非調整式:850/450n
バネレート:4.5kg
ダウン量:ノーマル比約約30mm〜60mmダウン

↑ページの先頭へ戻る